うつ病は早期治療が大切|見事に心の疲弊を取り去ろう

男性医師

多様な方法を理解する

女性

方法の多様性と全体像

うつ病は様々な要因の影響により発生し、その症状も多様です。またどんな段階で病院に行き始めるかも個人差があります。病気の進行状況によって取れる方法も違います。そうした複雑さに応じて、治療法も様々な種類のものが考えられています。方法が多いことから、ともすれば今のやり方に気持ちが向きがちですが、広く全体的に理解しておくと、特定の手段に限定されず、自分に合ったものを見出す可能性を広げることにつながります。うつに気がついたら、まず必要なのは休養です。不眠、食欲不振などにより体力やエネルギーが低下し、何かやろうとしても体が動かない、気力がわかないなどの症状を引き起こしていることがあります。通院中であっても過大なストレスによる症状の悪化などを避けるため、適切な休養は必要といえるでしょう。治療を始めるにあたって最初に行うことは医師や病院の選択です。うつ病は気持ちにかかわっているので、自分の内心の説明などの場面もあり、医師との人間的な相性が気になることもあるでしょう。医師に対する信頼感が高ければ薬などの効果が高い場合もあります。安心して継続受診できる医師を選べればよいですが、医師が気に入らないといって病院を変えてばかりいると改善が進みません。方針や方法に納得できるのであれば多少の好き嫌いは譲歩するという考え方も大切です。さまざまな方法があっても、何ができるかは病院によって違います。服薬中心なのか、カウンセラーは常駐なのか、作業療法やデイケアの設備や仕組みはあるのかなど、病院の対応力を確かめておきましょう。

どんな方法があるか

うつ病の治療法の主なものには、心理的療法、薬物療法、物理的治療、社会的対応などがあります。同じ出来事をみても楽観的な人もいれば悲観的な人もいるように、うつ病に傾きやすい考え方の癖を持つ人もいます。考え方を柔軟にして、うつを改善しようとするのか心理的療法です。ものの見方の偏りを見つけ、違う方法を広く考えるようにする認知的技法やリラックス、読書、創作やプレゼンテーションなど体を動かす行動的技法などがあります。カウンセリングの役割も大切です。次に薬物療法です。神経伝達物質がうつ病の状態に影響を与えることが発見されて以来、多くお抗うつ薬が開発されてきました。今の日本の治療の主流になっています。うつ病の薬の種類は増えましたが、効き目には個人差があり副作用が出る場合もあります。自分に合う薬をあせらず探すこと、適切な量を服用すること、勝手にやめずに継続することに留意しましょう。薬の有効性に限界がある場合や早急な対応が必要なときに脳に電気的刺激を与え新経済棒を刺激する電気的な治療法があります。電極により電流を流す方法と磁石により電流を誘導発生させる方法があります。また強力な光を浴びることで目から伝わる刺激で神経を刺激し睡眠のリズムやセロトニンの分泌を改善しようとする治療法もあります。うつ病であっても孤立して生活しているわけではありません。家族や職場、学校など社会的な環境で暮らしています。日々接する人や組織や集団がうつ病に対する理解を持ち支援することが治療に大きな影響を与えます。社会的治療はこのような環境が持つ機能を強化、活用するものです。メンタルヘルス、病人や家族への社会的ケアなどの取り組みも広がりつつあります。以上のようにうつ病の治療方法は多岐にわたります。広く柔軟に考えていくことは治療法の選択においても重要です。

Copyright© 2015 うつ病は早期治療が大切|見事に心の疲弊を取り去ろうAll Rights Reserved.