うつ病は早期治療が大切|見事に心の疲弊を取り去ろう

看護師

病気を治そう

看護師

うつ病は、今では一般的に認識されている有名な心の病気ですが、この治療となりますと、普通は専門家に任せる、くらいの事しか考えつかないでしょう。しかしこれはまず、そういった治療の前に、本人の体力と精神力の回復をしなければならないのです。

View Detail

早めに治そう心身の不調

悩む男性

まずは医療機関の受診から

心の病の代表格であるうつ病、その患者の数は増え続けており、現在は日本人の15人に1人がかかる病気と言われ、決して珍しい病気ではなくなりました。原因はストレスや環境の変化、人間関係、身体の不調などが多く、思春期や更年期といったホルモンバランスが乱れる時期にも見られます。また几帳面、責任感の強いタイプ、完璧主義、まじめな人がなりやすいとも言われており、性格的な要因もあるようです。主な症状は気分の落ち込みやイライラ、集中力・判断力・決断力の低下、意欲の減退、睡眠障害、肩・首のこりや痛み、消化器の異状、動悸やめまい、月経不順など多岐に渡っています。これらの症状は重大な病気が原因になっている可能性もあるので、必ず医療機関で診てもらうことが大切です。当てはまるからと言って、自分で勝手にうつ病だと思い込むのは危険です。うつ病は心の病ですが、心と身体は密接な関係にあるため、どちらかが悪くなるともう片方にも影響を与えます。ですから心身の両面から治療を行なうことが必要なのです。以前、うつ病は「わがまま病」とか「さぼり病」といった偏見がありました。そういった考え方はまだ完全になくなった訳ではなく、我慢してしまう人も少なくありません。どんな病気でも同じですが、早期発見早期治療が治癒への近道です。症状が軽い段階で、思い切って医療機関を受診することが長引かせない秘訣でもあるのです。まずは心療内科、精神科、メンタルクリニックといった専門医に診てもらい、心の疲弊を取り去りましょう。

知っておきたい3大療法

うつ病の治療方法は「心身の休養」「薬物療法」「精神療法」が基本になっており、それぞれの症状に合わせた治療が行なわれます。まずはその原因となっているストレスや人間関係、身体の不調などを取り除くことが必要です。そのためにはゆっくり休養を取り、充電期間を設けましょう。実際には難しいと思われるかも知れませんが、「何もしない」「何も考えない」ということが一番望ましいのです。中途半端に休んだり休まなかったりを繰り返すのは良くありません。少しでも早く治すためには、思い切った方法を取ることが重要です。薬物療法では抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬などが用いられます。人によっては副作用が出ることもあるので、服用後しばらくは注意が必要です。また即効性がない薬もあるので、効き目がないからと勝手に服用を中止したり、量を増やすといったことは厳禁です。必ず医師に相談し、その指示に従って服用するようにしましょう。精神療法では、医師や臨床心理士、うつ病の経験者、ボランティアの人達との対話や交流を行ないます。うつ病には不安な気持ちが伴うことが多いので、不安の解消と共に自分に自信が持てるようにすることも必要です。また再発予防の観点から、自分の考え方の傾向や心をコントロールする方法を学ぶことも大切です。決して焦らず、じっくりゆっくり自分と向き合うのが精神療法の基本と捉え、まずは心の中身をさらけ出す勇気を持ちましょう。時には人に頼り、人に甘え、仕事や家事を任せるのは決して悪いことではありません。世の中は持ちつ持たれつなのだと、もっとラフに考えられるように少しずつ自分を変えていきましょう。

多様な方法を理解する

女性

うつ病の治療方法は発生原因や影響要因の多様性に応じ多岐にわたります。主なものには心理的療法、薬物療法、物理的な方法、社会的治療などがありますが、症状、段階、環境などの状況に応じて適切な方法を選びたいものです。そのためにはさまざまな治療法の全体像について把握しておくことが望まれます。

View Detail

じっくりと完治するまで

医者

うつ病の治療にとって一番大切なことは、まず病院へ行ってきちんと診断してもらうことから始まりますが、薬を処方されたのなら薬を飲み、まずストレスや不安などがない環境を作ることが大切です。周りにも協力をしてもらうのが一番です。

View Detail

Copyright© 2015 うつ病は早期治療が大切|見事に心の疲弊を取り去ろうAll Rights Reserved.